アミバザール開店までのストーリー その1

アミバザール店主は、今年(2016年)の4月末までは、普通のサラリーマン(SE)でした。
去年の今頃には、自分がお店をやるなんて、夢にも思っていませんでした。

そもそもの始まりは、佐賀県有田のとあるお店から。
以前から時々休日に有田を訪れたりはしていたのですが、
昨年のある日、細い路地に面した素敵なお店を発見。

そこから主にうちの奥様主導で
それまでは全く接点のなかったような方々との新たな交流が始まり、
さまざまなイベントに顔を出したり、有田にある他のお店も覗いてみたり。。

その中の一軒にフェアトレードの商品を取り扱っているお店がありました。
そこで見つけたのが、このブックカバーです。

DSCF5995

そのしばらく前から、新しいブックカバーが欲しくて
ネット通販などで物色していたのですが、
なかなか気に入ったものがなく、買わないでいたのです。

そしてやっと出会ったのが、フェアトレードのブックカバー。
なんとなく色と柄や手触りが気に入って購入し、
帰宅して早速文庫本にかぶせて使ってみると、
コットンの質感と、手刺繍でつづられた柄の手触りが
なんとも良い感じ。すっかりお気に入りとなりました。

今にして思えば、それが大きなきっかけだったのかもしれません。
その2に続く。。)

DSCF6139